花とゆめ連載「スキップ・ビート!」の感想&二次SS中心です。当サイトはリンクフリーです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「彼のアドレス」
2015年05月27日 (水) | 編集 |
「彼のアドレス」





本当はね、知りたかったの。

あの人から教えてと言われたメールアドレス。必然的に交換することになるあの人のメールアドレスを、あの人が自分から教えてくれるチャンスだった。

それなのに突っぱねてしまった。

自分で自分を抑える自信がないから、せっかくのチャンスをふいにした。

いつどこにいてもあの人と言葉をやり取りできる魅惑のアイテム。でもね、機械の文字じゃあの人のぬくもりを感じられない。あの人の言葉を見たらどうしたってその声が欲しくなってしまう。いつどこにいてもあの人のそばにいたくなってしまう。

なんて欲張りなんだろう。

それでも……グアムからあの人が帰ったら、また会える。私に動画を見せる時間をくれた。証拠確認と言う名の一緒にいる時間を確保できて嬉しいと思うこの気持ち。忙しいあの人の貴重な時間を潰してしまうとわかっているのに、その時間だけでもあの人を独占できる喜びにたまらなく心が震える。

浅ましくて強欲な自分に呆れ、恋の愚かさを再度自覚してしまった。

やっぱり私は恋をしたらどうしようもなく馬鹿な女に成り下がるのね。

けど……次にメールアドレスを聞かれたらどうしよう。今度は断れないかも。

でもそれはきっと社交辞令。あの人にとったら交換してもきっと使わないモノ。けれど私にとっては宝物。聞いたらずっとそれを眺めてしまうんだろうな。

そして下らないことでメールしようとして送れなくて、ずっと未送信のまま溜まっていくのよね。

もし、万が一にでもあ人からメールがきたら宝物にしよう。うっかり消しちゃったらどうしよう。そうならないように保護をかけて置いたらいいかな。誰にも見られないようにパスワードも必要よね。モー子さんにやり方教えてもらわないと。

なんてあり得ないことを想像して私はクスリと笑った。

隣のシートに座っていた年配の女性が不思議そうに尋ねる。

「何かいいことでもあった?」

「あ、そう言う訳じゃないんですけど……」

「そう?でもあなたさっきから嬉しそうだったわよ」

にこりと微笑まれ、恥ずかしくなって顔が赤くなるのがわかった。

嬉しそうだった?

あの人のこと、考えてるだけで嬉しいんだ、私。

ぱたぱたと手で顔を扇ぐとそれが目に入った。

右手に書いてくれた彼の“しるし”。私だけが知る彼と過ごした彼との時間の“アカシ”。

自然と笑みが浮かぶ。

早く日本に帰ってきて下さいね、敦賀さん。あなたが日本に帰ったら強奪しに行きますからね。

証拠の動画と、これを書いて貰いに。

メールで時間なんて約束しません。あなたの声であなたの時間を拘束させてもらいます。

図々しい後輩でごめんなさい。

私は心の中で謝罪しつつ、グアムに空から別れを告げた。





<後書き>
今年(2014年)はいらないと言ってくれたけど短くてもいいからどうしてもあげたくて、リクエストを無理矢理して書いてみました。自分がリクエストした本誌妄想のキョーコサイド的な話です。が、本人のリクエスト変更により途中で書くの止めてたんですがコミックが出たついでに続きを書いてみました。
メール拒否の真相は何でしょうね。蓮も思ったみたいに私も好きならメアド知りたいと思ってしまいますからねえ。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
真相は…どうなんでしょうね
お久しぶりです、今晩わ。
キョーコが動画メール拒否ったのはほんとなんでなんでしょうね。現実的なことで言えば海外通信は高いから(笑)。とかそんなことを思っちゃったりしましたが、そもそも携帯なれてないキョーコはそんなこと知らなそう。この話でなるほどなあと思ってしまいましたが、実際どうなんでしょうね。真相知りたいですが本誌でこれに触れられることはなさそうな気がします。動画見る時間を確保したいというのはすっごくわかるります。乙女だなあ、なんて。
最新話の続きのお話もお待ちしてます。よろしくお願いします。
2015/05/30(土) 01:34:49 | URL | 紅揚羽 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。