花とゆめ連載「スキップ・ビート!」の感想&二次SS中心です。当サイトはリンクフリーです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「観月の夕べ」
2009年10月05日 (月) | 編集 |
昨日は中秋の名月で、近所のお寺でやっている観月の夕べに行ってきました。母校(高校)の裏手にあるお寺で昼は授業とか駅伝で入ったことあるのですが、夜入ったのは初めてで暗いなかなか、ほんわり灯っていたあかりも幻想的でよかったです。
母と知り合いが行く予定でしたが、相方が風邪をひいたため会社早退(定時も終わり自分の仕事は終えたのですが、後輩のフォローをせず見捨てました)して行ったので心苦しかったけれど、楽しかったです。
写真は満月なんですが、何撮ってるかわからないですねー。残念。
ということでネタにしてみました。




「お月見?」
珍しくキラキラした顔で話しかけてきたと思ったら、夜のデート(いや自分でそう勝手に解釈しただけだから彼女に他意はないのだろう)のお誘いだった。
まあせっかくの誘いだし、その日はスケジュールも空いているので名月を愛でに行くことにした。彼女、最上キョーコの浴衣姿に釣られたなんて死んでも言えないなと半ば自嘲した俺は、当日後悔することになる。



指定された場所で待っていたのは紺地に艶やかな紫とピンクの花が描かれた浴衣を纏った愛しい彼女……とその相方だった。なんか嫌な予感がしたが無理矢理笑顔を作りタクシーに乗った。彼女達は後部座席、俺は助手席に座らされ、タクシーは目当ての場所にあっさり着いた。
嫌な予感は確信に変わる。
「よう!やっぱり来たな、蓮」
最上さんの後をいやいやついていく俺に、聞きたくない声が掛かってきた。
今日の社長の出で立ちは意外とあっさりとした普通の浴衣だ。派手な物は一切身につけていない。
「彼女をだしにして正解だったな」
ニヤニヤと笑いを浮かべながら社長が俺を突く。
「浴衣姿、きれいだろう?」
俺とマリアが見立てたんだ、と得意げに言う彼に対して、苦虫を噛んだような顔しか出来ない。完全に面白がっているようだ。
社長主催なら来なかったのに……。
なんて気持ちは隠して俺は参加者に挨拶して廻った。
社長の別荘の庭での月見は参加者が限定されていたため、月が昇る前に全員と挨拶を交わすことが出来た。酒もほどほどに呑んだので悪い気分ではない。すぐ近くで最上さんが参加者に酒を注ぎに廻っている。
早く俺のそばにおいで。
したたかに酔っていた俺は正常な判断が出来ていなかった。他の男性客にお酌をしていた彼女の手を掴んで無理矢理俺の隣に座らせる。
「つ、敦賀さん?あの……なんなんですか?」
突然の俺の行動に彼女が困惑しながら尋ねてきた。もっともな問いだ。本当に何をしているんだ、俺は。
「敦賀さん?」
彼女の手を握ったまま、俺は月を眺めた。
真上に来た満月が池に映る。
「きれいですね」
「そうだね」
空に浮かぶ月と水面に浮かぶ月。今まで月を綺麗だと思ったことなんてないが、今日は不思議と自然に美しいと思った。
「ウサギは泣いてないかしら」
月を見ている彼女が呟いた。
「ウサギ?」
「月にはウサギがいるんですよ」
最上さんが俺を見て微笑む。「寂しいと泣いちゃうんです」と言う彼女の表情はどこかはかなげだ。
「私みたい」
実母に愛されなかった自分と一人ぼっちのウサギ。月を眺めながら二つを重ね合わせて彼女は泣いたのだろうか。
「皆がこうして見ているからね、きっとウサギも寂しくないよ」
君のことも、俺がこうして見ていてあげるから。
だからもう独りで泣かないで。
繋いでいた手にぐっと力を込めた。俺の想いが君に少しでも伝わればいい。
キスしたい。抱きしめたい。
でも今は。
ただ君のそばにいたい。
「月にウサギなんて、可愛いね」
「もう!また馬鹿にして!」
膨れてそっぽを向いた彼女の顔を満月が照らしている。
次の満月には二人きりでいられるといいんだけれど。


それは満月の夜。ささやかな俺の願い。
叶う日はもうすぐ……?。




<後書き>
月のウサギ…キョーコはこういうの好きそうだなと思って書いてみました。書いといてなんですが、蓮はそういうの鼻で笑いそう。もしくはウサギうんぬんを知らないかも。アメリカじゃ月の模様は蟹に見えるとかだったかな?
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。