花とゆめ連載「スキップ・ビート!」の感想&二次SS中心です。当サイトはリンクフリーです。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★◎「ウサギちゃんと狼さん」
2015年03月07日 (土) | 編集 |
「ウサギちゃんと狼さん」




とっても広い森の一角、小さな野原で一匹の黒い狼がごろりと昼寝をしておりました。

天気は快晴。鳥もさえずりとても平和です。

そんな安寧を揺るがす小さな悲鳴がかすかに聞こえ狼は耳をピクリとさせます。

「もしかして……エモノが罠にでもかかったか?」

のっそりと巨体を動かして狼は森の奥へと分け入っていきました。

「………」

「た、たすけて」

声の聞こえた方へ迷わず進んだ狼の目に映ったのは、宙づりにされて泣いているウサギでした。

「まさかこんな幼稚な罠に引っ掛かるなんて……」

くすりと笑う狼にウサギはわなわなと奮えました。

「笑ってないで、助けて下さい!」

「いいけど、俺、狼だから降ろしたら君を食べるけど?」

「狼!?」

ウサギはそれを聞いてプルプルと首を振りました。

食べられるくらいならこのままの方がまだましです。

その素直な反応に狼はにんまり笑いました。

(どうしようかな…退屈しのぎにはなる…かな?)

罠は遊びで作ったものでまだ食べるには困っていません。

とりあえず下に降ろし足に嵌めた紐はそのままに狼はウサギを眺めました。

プルプルと震えているウサギはいかにも憐れで狼の嗜虐心を煽ります。

「私、おいしくないです…」

涙をいっぱい目に溜めて懇願されると尚更虐めたくなるのは狼の本能なのでしょうか。

「ウサギは何度か食べたけど、肉が柔らかくてとても美味しかったよ。それに君からはとても甘い香がするし…」

ウサギに見えるようにペロリと舌なめずりするとウサギはひえーっとさらに怯えました。

狼にはその反応が楽しくて仕方ありません。

「どこから食べたら一番美味しいかな?」

わざとゆっくりウサギの廻りを廻ります。

「その長い耳もピンク色で美味しそうだよね」

耳がビクリと震えました。

「そのフワフワの尻尾も綿菓子みたいに甘そうだ」

尻尾がピクンと跳ねます。

「ねえ?君はどこから食べられたい?」

耳元で囁き喉笛をペロリと舐めました。

ウサギは一瞬短い悲鳴を上げ逃げようとしましたが足の紐を引っ張られ、狼の腕の中へ閉じ込められてしまいます。

「逃げちゃダメだよ?君は俺が捕まえたんだから」

「いや…食べないで…食べないで…」

フルフル震えるウサギにチュッとキスを落として狼は笑いました。

「降参。君を食べれる訳ないじゃない」

「………?」

「まあ別の意味で食べるんだけど…」

狼は不思議そうな顔で見るウサギに笑いかけると彼女を料理するべく自分の巣へ運んだのでした。

もちろん彼女を美味しくいただくために。

「ひーえー!」

狼の巣で聞こえた彼女の声が恐怖からだったのかそうでなかったのか。

知っているのは狼だけ。



「なんですか、これは!」

「ん?何って、幼稚園でやる台本だけど」

「台本!?」

「まあちょっと俺なりにアレンジはしてあるけどね」

「どこがちょっとなんですか!どこが!」

「この方が楽しそうでしょ?」

「ふざけないで下さい。こんな話、幼稚園でするなんて有り得ません」

「そうかな?」

「そうです。だいたいこんな台本誰が通すんですか」

「話は任せてもらってるから大丈夫だよ」

「なんにも大丈夫じゃありません!むしろ私が大丈夫じゃありません!!」

「ひどいなあ。一生懸命書いたのに」

「ひどいのはあなたの脳みそです!こんなふざけたお芝居、絶対しませんからね!」

「せっかく楽しみにしてたのに…」

「もっと普通のお話にして下さい!」

キョーコがバンとドアをたたき付けるようにして出ていった。

蓮もゆっくり立ち上がりキョーコの後を追う。

机の上には「ウサギちゃんと狼さん」の台本が二冊。

蓮がアレンジした本と元の台本。

キョーコが手に取るのは果たして?



《あとがき》
お誕生日おめでとうございます!!
ひどいのは私の脳みそでごぜーますだ、お代官様。私の脳内でキョーコちゃんにウサギのコスプレ…楽しそうなんて思い付いてしまったのが間違いです。すみませんm(._.)m。受取拒否しないで下さいませ。



>ひなた様からいただいたバースデーSSです!二ヶ月程前に行った絵本展のことを話題にしてて出てきた話らしいです。
正直、これをもらった時は熱に浮かされてたのでとてもまともなお返事が書けず、阿呆な感想を書いてしまいました。
蓮じゃないけどウサギなキョーコは美味しいそうですよね!
ふわふわモコモコなキョーコちゃんを見てみたいなあ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。