花とゆめ連載「スキップ・ビート!」の感想&二次SS中心です。当サイトはリンクフリーです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎「彼の波紋」
2015年03月07日 (土) | 編集 |
ACT171~ACT175の内容です。



「彼の波紋」





特番放送の翌日、学校に行くと、何故か男子生徒達がちらちらとこちらを見ていた。女子生徒は私を見てこそこそ何か話し合っている。

何かしら?いじめ?

全く身に覚えがないけれど、弱肉強食の芸能界、やっぱり昨日目立ったから気に入らないってこと?

不審に思いながら教室に辿り着くと、今まで話したこともないクラスメートが勢い込んで話し掛けてきた。

「京子さん、昨日凄い美人だった~。言われなかったらわからなかったよー」

「私も~。それに大人っぽかったし」

やっぱり昨日のテレビのせいらしい。

散々言われたことを繰り返され、私はここでも同じ言葉を返した。

「あれは制服だった私に貴島さんが服もメイクもして下さったおかげで……」

「えーっ!何それ、京子さんて貴島さんと付き合ってるの?」

あら?違う反応……。

「いえ…別に。その……」

確かにお付き合いを申し込まれたけど、やっぱりあれはノリみたいだろうし……。

「付き合ってないのにってことは京子さんに気があるんじゃないの?」

「だよね~。服を贈るのは相手をあわよくばって思ってるってことだもんねー」

やっぱり敦賀さんと同じことを指摘されてしまった。これって一般的なことなの?

認めたくなかったけど、確かに敦賀さんは正しかったのよね。

気を付けないと。出ないとまた……。

一昨日の出来事を思い出してしまい、顔が火照ってきた。

「で、本当の所はどうなの?」

「本当になんでもありません!」

ブンブン首を勢いよく振って否定すれば、二人はふーん、と一応は納得したように席に戻っていった。

その後もひきりなしに同じようなことを聞いてくる人が後を絶たなかった。

はあ~。もしかして今日はずっとこうなの?

せっかく今日は一日授業を受けれると思ったのに……これじゃ平穏に過ごせないじゃない。

無視されたり、陰口を叩かれるのも欝陶しいけれど、こういうのも憂鬱な気分になるのね~。

女って面倒だわ。

もちろん不可解な視線を送ってくる男子も迷惑極まりない。言いたいことがあるんなら面と向かって言えばいいのに。

なんだか私、ささくれ立っている。

『何もしないよ、君には』

ただでさえ、そう言われて、モヤモヤした想いが燻っているのに……。

そういえば……。

一昨日は言われなかった。

あんなにみんな綺麗だと褒めて下さったのに。

あの人は言ってくれなかった。

自分でも矛盾してるってわかってる。

前にそう言われた時は、その言葉を放り投げたのに。今は言って欲しいって思う。

図々しい。

『綺麗だよ』

そんなに敦賀さんに言われたかった?

言われたらきっと逃げてしまっただろう。

本当に私って勝手だわ。

自分の気持ちを持て余す私に、翌日も嫌な視線が纏わり付いてきた。

こんなのはすぐに収まる。一時的なものだわ……。

そう思っていたのに、事態はあらぬ方向に向かってしまった。

『必死に否定してましたけど、あれは絶対付き合ってるますって~』

『そうですよね~』

この間真っ先に話しかけてきたクラスメートが無責任な発言をして、リポーターと一緒になって盛り上がっている。

「だから違うって言ってるのに!」

ワイドショーの画面に向かって怒鳴った私を、事務所の人が不審げに見た。

一週間経っても事態の収拾はつかない。

しかも有り得ないことになぜか、

『貴島秀人と京子は付き合っている』

なんてことになってしまった。

肝心の貴島さんが否定しないものだから、騒ぎは拡がる一方だ。

私の学校にも芸能レポーターが来てしまい、自転車で仕事場に行くのにも苦労した。

『事実無根です!』

何度も何度も言ったのに、私の発言は完全に無視されている。

『だから言ったろう……』

ああ~敦賀さんの呆れた声が聞こえてくる。

泣きそうになりながら、今日もセツカとしてカイン・ヒールの撮影場所に向かう。

でもカイン兄さんに逢うの、なんかヤダなあ~。

それがセツカとしての気持ちでないのはわかっている。最上キョーコとしての気持ちを抑えられないのだ。

だって心なしか兄さん、最近不機嫌なんだもの。

それが貴島さんのせいなのか、それとも、最近やたらと構ってくる村雨さんって人のせいなのか、さっぱりわからない。

ねえ、敦賀さん?

私に怒ってるの?それともセツカに怒ってるの?

私と私の中のセツカが同時にため息をついた。

「憂鬱~」

暗鬱な気分を振り払うように、セツカの長い髪を払った。



<後書き>
ACT172(7号)を読んだ当初から何か書きたーいと思いつつも形にできず(一ヶ月もあったのに)、次が出てしまいました。
ただ考えていた展開にまだ影響がなかったので書き続けてました。しかし、ACT174で今だにキョーコさんが綺麗に見えるのはローザ様云々って言ってるー!と慌てて書き換え(最初はもう変えるとおかしいのでやめました)ました。そしてどうせならACT175に出てきた彼もどうせなら出してしまえ!と見切り発車しちゃいました(笑)。
さて、彼とは誰とは?
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。